デンタルローンの使い方

歯科医院の治療は、風邪をひいて内科に行くよりも治療費が高いと感じます。



これは、歯科治療が内科よりも外科的な処置が多いため、保険治療でも治療費がかかってしまうためです。削るということは外科治療ですし、詰め物をするのは、材料費などの費用が発生します。
保険治療はかかった総額のうちの3割の負担で済みますが、治療内容は国によって細かく定められています。

日本経済新聞についてわかりやすく説明しています。

削る形や、詰める材料などが決められているので、保険治療で虫歯を治すと銀歯を使うことが多くなります。銀歯は見た目が悪いですが、保険がきくからという理由で選ぶ人が多いです。


保険外の白い材料は見た目がいいですが、1つあたり数万円という治療費がかかります。

費用の面で諦めてしまうということは、とても残念なことです。

そのようなときに頼りになるのが、デンタルローンです。

デンタルローンの矯正情報収集ができます。

デンタルローンとは、歯科治療に使用用途を限ったローンのことです。


一般的なローンよりも、デンタルローンは金利が安く、返済期間が長いというメリットがあります。


一括で治療費を用意することなく、毎月分割した金額を支払って行く形になるので、費用の負担が少なくなります。

デンタルローンにすることで、今まで治療費で諦めていた保険外治療も行うことができるようになります。


セラミック治療や歯を白くするホワイトニングなど、保険外治療は虫歯を治すというよりも、お口の中をより美しく見せるための治療と言え、アンチエイジングや美容の効果も高いです。